FC2ブログ

野良猫という存在





いつも遊びに来ていただきありがとうございます。
気軽にコメント残して下さいね。
お返事は書けないけど、ブログに遊びに行きますね~。


ランキングに参加しています 一日一回応援してくださいね

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村




こんにちは☆彡





違います。キッパリ

昨日の絵は私ではないよ。
あの絵はもともとfumiさんが描いていた絵で、オーダーしたときに猫の柄や雰囲気をウルちゃんぽく
描いてくださっただけだよ~。






昨日はあるブログを読んで、悲しくて涙が止まりませんでした。


野良猫の話・・・。
外で生きなければいけない猫にはやっぱり世間の目はこういうものなのかと、改めて思い知らされて。
仕方なく外での生活を強いられているのに、そのコ(たち)が哀れで不憫で。
書いてある文章に悪意はないけど、それがまた悲しさを募りました。






IMG_0453_202104030011552d2.jpg

そこには 猫に罪はないけど庭にチッコやウンチをされて迷惑・・ということが書かれていました。
エサをやるくらいなら保護してほしい とも。

犬を大切に育てられている人でも、外の猫にはこんな気持ちなのか・・。
犬好きの人は動物みんなに愛情を持てるわけではないのか・・。





IMG_0454_202104030011579fd.jpg

わかります。
そうでしょう。

わからないではありません。
誰もが猫好きとは限らない。
むしろ嫌う人の方が多いかもしれません。
野良猫という存在は・・。





IMG_0455_2021040300115883e.jpg

庭や花壇をきれいに手入れしている人は、いや、そうでない人もそう思うでしょう。
ウンチもチッコも臭いし、マーキングでもされたら本当に迷惑でしょう・・
ほとんどの人がそう思うでしょう。
理解できます。






IMG_0456_20210403001200922.jpg

でも敢えて書かせてください。
いろんな意見や考え方があるのは承知だし、私とは反対の意見を持っている方も多いでしょうが
敢えて。

そしてこれはブログに野良猫のことを書いた人に向けてではなく、私の気持ちとして読んでいただけたら
と思います。





IMG_0457_20210403001201ed5.jpg

猫も犬と同じようにもともとは家で飼われるべき動物。
外で生活をしなければいけないような猫たちを生み出したのは人間です。
避妊手術をせずに飼う、平気で捨てる、だから野良猫は減りません。

好きで外で生活をしているわけではないです。
生まれた場所がたまたま外だったり、ある日突然外に放り出されたり・・。
寒い日も雨の日も暑い日も、今日のご飯を食べられるかどうかの中で必死に生きているのです。





IMG_0458_20210403001203a92.jpg

凍えるような冬の日も外。
アスファルトの照り返しで暑くてたまらない日も外。
毎日が外暮らし。
決まった時間にごはんなんてありません。
抱っこもしてもらえないし、優しい手で撫でてもらうこともありません。





IMG_0459_20210403001204d5b.jpg

そんな厳しい状況の中で一人ぼっちで生きている猫が庭にウンチしてチッコして・・
そんなに嫌われなければいけないのでしょうか。
あまりにも不憫すぎる・・。





IMG_0612_202104030016364a2.jpg

私の地域にも犬や猫の保護活動をボランティアでされている団体がいくつかあり、
ブログで知り合った友だちにも自分の時間を惜しまず、自費で手術や給餌活動をしている人が数人います。
私が自分でできることはとても限られていて、外猫を見つけたらTNRをするとか、保護して里親を見つける
とか、それくらいしかできません。
だから日常的に活動をされている団体や友だちには時々気持ちだけの寄付や支援をさせてもらっています。
今、自分ちの犬や猫が幸せに暮らすことができているのは、そういう活動をしている方々のおかげだという
感謝の気持ちを込めて。






IMG_0614_20210403001639965.jpg

世の中の人がみんな犬好き、猫好きなら犬猫に関する悲しい事件は起きないし、外暮らしを
強いられるコたちはいないでしょう。
世の中の人がみんな避妊や去勢を当たり前のことと考えるなら、むやみに捨てられる猫はいなく
なるでしょう。

でも悲しいことにそうではない。





IMG_0613_20210403001637bb0.jpg

外で生きる猫たちが増えないように手術してリリースして一代で一生を終えることができるようにする
TNR活動というものがありますが、保護活動というのはまずTNR。
だけど耳をカットされてTNRをされたコは子孫は増やさないけど、生きて存在します。

そのブログにも 野良猫が減らない と書かれていましたが、もしかしたらTNRされてリリースされて
いるのかもしれません。
そういうコを地域で温かく見守ることはできないのでしょうか。
自分の家の敷地を通ることがそんなに迷惑なことなんでしょうか。
生きている命なのです。





IMG_0610_20210403002405137.jpg

ほんの少しでいいから温かい気持ちとまなざしで、外に生きる猫に目を向けてくれたら・・と思います。
私はボランティアさんたちのようにいろんなことはできません。
だけど、自分ちの犬や猫が幸せならそれでいいとも思っていません。





IMG_0611_20210403002407d90.jpg

世間一般的に「野良猫で迷惑する」と思っている人はたくさんおられると思います。
今日のブログはその筆者に向けての文章ではなく、常日頃から思っていることを書いています。
私はその筆者を責めるつもりも攻撃するつもりもありません。
書くのは自由。
読むのも自由。
だけどすごくすごく悲しかった。
どうしてだろうと思うくらい泣けて仕方なかったんです。

きれいごとを言っていても現実を突き付けられた気がして。





IMG_0532_20210403002403ca6.jpg

猫は悪くないと言いながら、やっぱり悪者になってしまう・・
かわいそうなのは猫です。猫たち。


人が悪い、政治が、行政が悪い、私もいつも強く思っています。
いつか欧米諸国のように犬や猫たちに優しい法律ができて、悲しく辛い思いをする犬や猫が
いなくなる日が来てほしいと思っています。

だけど今はまだまだ遠い・・

ならば一人一人が自分にできる範囲で温かい目を向けてくれたらと思うのです。
ごはんをあげたりお世話をしたりなんかしなくていい。
せめて、そこに存在する野良猫のことを 迷惑だ と思わず見てほしいと願います。





IMG_0608_20210403002404a4f.jpg

辛く切なく重たいです。
現実味があるからこそ・・。

迷惑でもそう思ってほしくない、許してほしい、そんな気持ちです。
猫に代わって謝りたいです。
すみません・・。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

Instagram
インスタもやってますよぉー。フォローしてね


少し感情的になって書いたところもあると思います。
あくまで私の考えというか気持ちです。
私は小さいころから犬や猫と暮らし、猫が大好きな人間です。
だからそう思うんだとわかっています。
猫には興味がない人、嫌いな人には通じないであろう持論です。
気を悪くされた人がいるならごめんなさい。


泣きながら書きました。
必死で生きている野良猫の存在を思うと・・。
日々お世話をしてくれている友だちを思うと・・。


本当にいつの日かヨーロッパみたいに外猫と共存する町になりますように・・。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

優しいくーちゃん。

わたしはお友達の書いている事もすごくわかります。
本当に困っておられるしイヤな気持ちになるのだと思います。
それは人間の感情だから仕方ないよー
好きでもない猫のウンチを毎日片付けるってイヤだよ。
猫好きな人だってそういう人いるよ。
本当はその猫たちにごはんを与えている人が地域の人に
猫が疎まれないように努力をするべきなんだと思います。
その「姿勢」を見せる事が大切で、そこまでする覚悟がないのなら
外猫に関わってはいけないと思う。

無責任に、適当に、この猫は私の猫じゃないからと
ごはんだけ与えてあとは何もしない人がたくさんいるから
ちっとも野良猫さんがが減らない。

それは猫嫌いの人のせいではなく、
猫好きの人、無責任な猫好きな人のせいです。

ごはんを与えている人が、責任を持つ姿勢を見せてくださったら、
この問題はもっともっと良い方向に進むのではと思います。
そしたら、ノラ猫さんに愛のある人たちで問題解決のために
知恵をだしあって、コソコソせずに活動ができるし、
お困りの方にも説明もできるしね。

無責任な猫好きが多すぎる。
「この子はノラ猫で自分の猫じゃないから」って
「だけどかわいそうだから」って
適当に地面にごはんバラ巻いて与えてあとは知らない。
避妊去勢なんてもちろんしない。
そのために自分のお金を出すなんて絶対にしない。

私はこういう人がいなくなってくれればいいのになと
猫に関わってほしくないなあと、心から思います。

お友達のお庭だったかな(?)に、猫さんが糞尿をしない
工夫ができたらいいのにね。
猫が嫌いな匂いをつけるとか、木酢液をまくとか。。。
何か良い方法ないかなぁ・・・・。

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くーちゃん

Author:くーちゃん
熊本市在住
家族  5人
ワン  4匹
ニャン 6匹
明るくて涙もろいオッチョコチョイ☆
どうぞよろしく!

お友達募集中です。
コメントはお気軽にどうぞ!


ランキング参加中です!  ↓

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
ワンニャンたち
*script by KT*
レディ 2004年4月17日生まれの女の子 欲張りで甘え下手なあまのじゃく 本当は寂しがり屋さん                                                          ミルク 2003年5月17日生まれの男の子 2歳で里親に   底無し腹の破壊王 人間が大好き       2019年10月16歳4ヶ月で天使にになりました                    フラン 2007年1月28日生まれの女の子 レディとミルクの子供 甘えん坊でフレンドリー         ボール遊びが大好き                              ハニー 2001年11月生まれの女の子      4ワンのボス  優しいけど気が荒い 立派な番犬          2014年6月29日天使になりました                                  KC 2005年5月2日生まれの男の子      すご~く優しいフランのおとうさん      2017年7月31日天使になりました                     シェル  2007年5月頃生まれの男の子      盗み食い王・いたずら王      2017年10月5日天使になりました                                                                                                           キキ 推定15歳位のおばあちゃん      歯がないけど食欲旺盛 2012年4月20日 20歳でお星様になりました                                                    トマト 推定10歳位の女の子         他ワンニャンとなじまず2階に住む 2014年2月16日 18歳でお星様になりました            龍王(ルオ)  2008年8月生まれの男の子  生死を彷徨いながらも強い生命力 を持つ。虚弱体質で片目ちゃんの 甘えん坊 2017年5月1日天使になりました                                                       ごま 2009年6月生まれの女の子  身軽で抱っこが大好き       マイペースだけど本当は甘えっこ              ポノ 2017年6月生まれの男の子  ヘタレでやんちゃな長毛MIX  甘えん坊                                 コモ 2017年8月生まれの男の子  気が強くて甘えん坊の穴掘り名人  ビビリの人見知り                 マル 2016年6月生まれの男の子  2年近く屋外のケージで生活して いたところを救出                 オリ 2019年5月生まれの男の子  迷い込んできたところを保護   穏やかで優しい                 ウル 2019年5月生まれの男の子  保護時から下半身不随       前足でずりばいする            2019年11月に鹿児島大学で手術を受ける
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
321-2_20090316113949_convert_20090318011556.jpg  ネコ娘さんよりいただきました
キラキラ星
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる