FC2ブログ

遺骨のこと・・




いつも遊びに来ていただきありがとうございます。
気軽にコメント残して下さいね。
お返事は書けないけど、ブログに遊びに行きますね~。


ランキングに参加しています 一日一回応援してくださいね


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村




こんばんは。





IMG_8804_201407310415313e0.jpg

私はペット霊園に大きな納骨堂をもっている。
これまで虹の橋を渡ったワンニャンはみんなそこに眠っている。

ハニーの遺骨もいつものように納骨して帰るはずだったけど、あまりの悲しさで連れて帰って来た。
骨を収める時、歯や爪など、小さな遺骨は入れずに別にし、ケースに入れて持ち歩いている。
トマトの遺骨も。




IMG_3878_201407310416566b1.jpg

遺骨を手元に置くことには賛否両論ある。
49日には霊園に納骨するつもりだ。
だけど持ち歩いている小さな遺骨はどうなのか。
持っていると粗末になり、悪いことが起きるのか。





IMG_3879.jpg

ちょうど今、千葉から義弟一家が帰省している。
義弟は思うところがあって、修行して仏門に入った。
房総で曹洞宗の住職をしている。

分骨について聞いてみた。
話はお釈迦様が亡くなられた時のことから始まった。





IMG_1860_20140731041527d11.jpg

お釈迦様が亡くなる前、その骨をどうしたらいいか、弟子たちがお釈迦様に尋ねた。
お釈迦様は骨をどうするか考える時間があるなら、その時間を伝道に使いなさいと言った。
後を任された弟子ではない人は、お釈迦様の骨が欲しいと申し出た各国の王様など8人に
その骨を与えた。
その8つに分けられた遺骨は、また多くの人たちに分け与えられた。
そしてまた分けられ・・という風に、いろんな国、場所に分散されている。





IMG_1868_20140731041528672.jpg

「熊本にある仏舎利塔にもほんの小さな小さなかけらが納められているとよ。」
だから分骨については、是でも非でもないと。





IMG_7950_20140731041529a30.jpg

遺骨(分骨)を手元に置くこと。
それは結論から言うと、「お釈迦様に従ってあなたの望むように」ということらしい。
話を聞いて、私の頭では充分に理解ができず、拙い文章では書き表すことが難しいけど・・・。





IMG_1673v.jpg

遺骨(分骨)を手元に置くのには覚悟が必要だと。
「手元に置くと悪いことが起こる、よくない。」という周りの声が耳に入ると、人は知らず知らずのうちに
それを気にして悪いことを呼び込んでしまう。
悪いこともいいことも、遺骨のせいじゃなく全てを受け入れる覚悟をもたなければいけないと。
亡くなった人(動物)がどこにいたいのかが重要だと。


そのうちにいつか骨を返したい時がくる。
もう充分だよ、ありがとう、そんな声が聞こえる時がくるよと。
今持っていたいなら、それで心が落ち着くなら、慌てることはない。
自分で納得する時期がきたら、そのときに返してあげるといいと。





IMG_9458_201407310415484e7.jpg

「ハニーちゃんが天国で自由に走り回っている姿を想像したとき、骨の一部がなくてかわいそう、
不自由だろうな、返してあげて全部揃えてあげようって思う日がくるよ。」って。



人でも動物でも最後の時期や瞬間の時のことで、かわいそうだったとか自分を責めるのはよくない。
死の尊厳とはそういうものではない。
それまで生きてきて幸せだったこと、楽しかったこと、笑っていたこと、残された人たちは
そのことを思い出して供養してあげなければいけないと。




IMG_9464_201407310415493a5.jpg

ほんとにほんとにうまく書けないけど、そういうことを言われた。
お坊さんの義弟の話には説得力があった。
遺骨について死について供養について、納得するまでもっと話を聞きたかったけど、時間が
足りなかった。

私の文章ではかなり言葉足らずなので、明日帰る義弟にちゃんとした文章にしてくれるよう、
お願いしてみようと思う。


中途半端な文章になってしまい本当にゴメンナサイ。
それから、今日義弟を話をして泣いたこと、頭が混乱してしまったことですごく疲れてしまい、
訪問が全くできなかったこともゴメンナサイ。
ハニーに免じて許してね。

        にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

くーちゃん

Author:くーちゃん
熊本市在住
家族  5人
ワン  4匹
ニャン 6匹
明るくて涙もろいオッチョコチョイ☆
どうぞよろしく!

お友達募集中です。
コメントはお気軽にどうぞ!


ランキング参加中です!  ↓

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ

ワンニャンたち
*script by KT*
レディ 2004年4月17日生まれの女の子 欲張りで甘え下手なあまのじゃく 本当は寂しがり屋さん                                                          ミルク 2003年5月17日生まれの男の子 2歳で里親に   底無し腹の破壊王 人間が大好き       2019年10月16歳4ヶ月で天使にになりました                    フラン 2007年1月28日生まれの女の子 レディとミルクの子供 甘えん坊でフレンドリー         ボール遊びが大好き                              ハニー 2001年11月生まれの女の子      4ワンのボス  優しいけど気が荒い 立派な番犬          2014年6月29日天使になりました                                  KC 2005年5月2日生まれの男の子      すご~く優しいフランのおとうさん      2017年7月31日天使になりました                     シェル  2007年5月頃生まれの男の子      盗み食い王・いたずら王      2017年10月5日天使になりました                                                                                                           キキ 推定15歳位のおばあちゃん      歯がないけど食欲旺盛 2012年4月20日 20歳でお星様になりました                                                    トマト 推定10歳位の女の子         他ワンニャンとなじまず2階に住む 2014年2月16日 18歳でお星様になりました            龍王(ルオ)  2008年8月生まれの男の子  生死を彷徨いながらも強い生命力 を持つ。虚弱体質で片目ちゃんの 甘えん坊 2017年5月1日天使になりました                                                       ごま 2009年6月生まれの女の子  身軽で抱っこが大好き       マイペースだけど本当は甘えっこ              ポノ 2017年6月生まれの男の子  ヘタレでやんちゃな長毛MIX  甘えん坊                                 コモ 2017年8月生まれの男の子  気が強くて甘えん坊の穴掘り名人  ビビリの人見知り                 マル 2016年6月生まれの男の子  2年近く屋外のケージで生活して いたところを救出                 オリ 2019年5月生まれの男の子  迷い込んできたところを保護   穏やかで優しい                 ウル 2019年5月生まれの男の子  保護時から下半身不随       前足でずりばいする            2019年11月に鹿児島大学で手術を受ける
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
321-2_20090316113949_convert_20090318011556.jpg  ネコ娘さんよりいただきました
キラキラ星
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる